Monacoin(モナーコイン)の自動取引botでトレードしてみようーその1(ZaifでPython使用 MAC版)

こんにちは!ゆとひとです。

 

今回は国内の仮想通貨取引所Zaif」でモナコインを自動取引するbotを作っていきたいと思います。

f:id:shidoma:20171121162520j:plain

Zaif」はサーバーが弱いって?僕もそう思ってはいるんですが、改善しそうなお知らせが出ていました。API実行回数を制限して、サーバーへの負荷を減らすとのことです。少しは快適になるかな?

corp.zaif.jp

 

1.Python 3.xをインストールする。

これは、仮想通貨トレードに限らず色んなサイトで解説されているので割愛しますね。

qiita.com

 

 

2.開発環境PyCharmをインストールする。

30日間無料で使えますので、PyCharmがオススメです。

気に入ったら有料版を続けて使うもよし、別の環境に引っ越すもよし。

www.jetbrains.com

 

 

3.Zaif APIのライブラリをインストールする。

公式で公開されているAPIそのものではありませんが、使いやすいように加工してライブラリ化してくださってます。

github.com

 

 

これをダウンロードして、

ドキュメントフォルダの配下にZaifフォルダを作って展開しました。

f:id:shidoma:20171121155632p:plain

 

 

インストールは、ターミナルに以下のコマンドを打ちます。

pip install zaifapi

 

 

5.Pycharmでライブラリを開いてみましょう

openを選択して、zaifフォルダを選びます。

f:id:shidoma:20171121155930p:plain

 

Zaifフォルダの直下にmain.pyファイルを作ります。

f:id:shidoma:20171121160043p:plain

 

 

6.公開情報APIで終値(直近価格)を取得してみる。

以下コードをコピペして実行すると、

3秒ごとに、mona/jpyの終値(直近価格)を取得してコンソールに表示します。

— コード ————————

# -*- coding: utf-8 -*-

# 2017/11/21 EUCALYPTUS is ALL Koala’s food. by Monakoala

import time
from zaifapi import ZaifPublicApi

zaif_i = ZaifPublicApi()

if __name__ == ‘__main__’:

    i = 0
    while True:
        time.sleep(3)

        last_price = zaif_i.last_price(mona_jpy’)[“last_price”]
        print(str(last_price))

        i += 1

 

実行結果

326.5円らしいです。

f:id:shidoma:20171121161152p:plain

 

ちなみに、こんなエラーが出た場合Zaifはサーバー側か、

回線等の問題なので何も直さずにリトライしてみましょう。

>zaifapi.api_error.ZaifApiError: return status code is 502

 

本日はここまで!

次回は、いよいよ売買を自動でやってみたいと思います!

 

では!

 

 

 

 

参考にさせて頂いた記事

初心者が一攫千金を目指してBitcoin自動取引botを作るよ! その1【情報取得】 - Qiita
働き初めて、はや二年・・・ 「思ったより増えないお金!!」 「募る老後への不安!!!」 そんな中見つけました!! zaifというBitcoin取引ができるサイトを。 読んでみると、なんと・・・ 取引手数料がマイナス API公開...

大枠はこちらの記事通りにやっていくと進みますが、

2017年4月の記事なので私が始めた頃は状況が変わっていました。

Zaif APIPython 3.x系で利用できるように変わってます。(2017/11/21)

・”ZaifPrivateAPI”は名前が変わっており、”ZaifTradeAPI”になってます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました