検索:
システム障害が立て続けに起こるカラクリとは

お疲れさまです。ゆとひとです。

 

先週の日曜日に障害発生、その後ぞろぞろと別の障害が・・・。

f:id:shidoma:20160629235306j:plain

久しぶりの更新となってしまいました。というのもまさに掲題の件、先週の日曜日以降、システム障害の対応に追われてしまい、帰宅時は無気力になっていたためです。

 

言い訳はほどほどに、システム障害には様々な種類があります。例えば、回線が取れたとか、機器が熱暴走するという純粋なハードウェアトラブル。または、想定していなかったデータ量が瞬時に発生して起こるアクセス負荷、そもそも考慮不足のデータが入力されることによって起こるソフトウェア不具合、使い方が悪くて発生するヒューマンエラー・・・、などなどキリがありません。

 

しかも、1つ起こると続々と障害は多発するものです。その原因は何なのでしょうか。

続きを読む

「こんな会議は嫌だ」と思ったら確かめる5つの観点

お疲れ様です。ゆとひとです。

 

この打ち合わせ、世間話してるの?井戸端会議なの?

f:id:shidoma:20160615232649j:plain

仕事はひと同士のコミュニケーションによって成り立っています。打ち合わせや会議は重要なタスクです。しかし、無駄な会議はやはり多い。何も決まらず終わる会議。みんな知っていることをなぞるだけの会議。言いたい愚痴を言うだけの会議。

 

あー時間の無駄だ、と思いながらも集まらなければならなくて、仕事を中断したり、有給の都合が付けられなかったり、百害あって一利なしです。

 

何をすると非効率で、どう改善すべきか、考察してみます。

続きを読む

覚え方次第で記憶力を3倍に伸ばす6つの工夫

お疲れさまです。ゆとひとです。

 

あ~、なんだっけなぁ・・・、あれ、、、あれだよー、あれー?

f:id:shidoma:20160610215712j:plain

ふと言いたいことを忘れてしまったり、人の顔はわかるけど名前が出てこないとか。そういったことは日常でよくありますよね。しかし、試験、プレゼン、ライブ・・・ミスできない本番で頭が真っ白になってしまったら・・・、顔は真っ青。

 

覚える時間もなかなかとることが出来ない忙しさでも、少しの工夫でいつもの3倍効率よく記憶することが出来るようです。そもそも、人は脳の数%しか活用出来ていないと言います。しかし、日々研究が進み、どういった環境が脳を活性化させるのか、明らかになってきています。

続きを読む

いま、アンガーマネジメントをすべきなのか

お疲れさまです。ゆとひとです。

 

おこなの?

f:id:shidoma:20160607193052j:plain

キレてんすか? キレてないでしゅよ。というやり取りも久しく見なくなり、おこなの? 激おこぷんぷん丸。というやり取りもそろそろ見なくなってきました。いや、まだまだ「今日は部長が、ぷんぷん丸ですね」なんていうと少しは職場でウケます。幅広い年齢層に支持されてきた証拠ですかね。

続きを読む

Fail safe(フェイルセーフ)を知っているか

お疲れさまです。ゆとひとです。

 

フェイルセーフを知っているのか、知らないのか、どうなんだ。

f:id:shidoma:20160606205331j:plain

Fail safe(フェイルセーフ)とは?

装置・システムにおいて、誤操作・誤動作による障害が発生した場合、常に安全側に制御すること。 またはそうなるような設計手法で信頼性設計のひとつ。 これは装置やシステムは必ず故障するということを前提にしたものである。

フェイルセーフ – Wikipedia

 

続きを読む