検索:
Monacoin(モナコイン)で買える手作りアクセサリーをMonappyに出品してみたよ!

こんにちは!ゆとひとです!

 

Monappyに手作りアクセサリーを出品して見ました!

f:id:shidoma:20180106211806p:plain

【手作り】カーネリアン レースピアス【アクセサリー】 – Payment | Monappy

 

【商品説明】

天然石のカーネリアンを使用したピアスです。
シンプルにしつつ、ひし形レースの装飾が華やかです。

 

カーネリアンは7月の誕生石であり、石言葉では勇気・友情・落ち着き・精神バランスを表し、活力を与えるパワーストーンとされています。

 

ナポレオンもカーネリアンで印象を作らせたそうです。

 

色んなものMonappyに出品してmonaを盛り上げよう

なぜか農作物が豊富なmonappy・・・笑

まだ、monaでアクセサリーはあまり出ていませんでしたので、出品して見ました。(特にメンズ)

 

monaで買えるものがもっと増えていって、

monacoinが盛り上がっていくと嬉しいですね〜!

 

では!

 

デジタル世界に御利益をICO「UNKOIN」ウンコイン

こんにちは!ゆとひとです。

 

先日、香川県の金毘羅さんに登ってきました!

夏フェスMonsterbashに参加したついでに観光しようと思ってね。

f:id:shidoma:20171021151928j:plain

本宮まで大体800段!疲れた〜。ハチが多くてビビりっぱなしでした。でも、うどんうまい。クオリティ高い。そんなことはさておいて。

 

 

「UNKOIN」デジタル世界に御利益をもたらす仮想通貨

f:id:shidoma:20171021152238p:plain

運コイン ウンコイン 世界初、運の非中央管理

 

とんでもないICOが始まりましたwww

「UNKOIN」まんまだし、COINが”K”だし。ビットコイン(BTC)やらビットコインキャッシュ(BCH)やらビットコインゴールド(BTG)やら、殺伐とした仮想通貨の界隈に、スキャむかどうか考えるのすら愚かに思える神様の力を持った通貨の誕生です。

 

しかし、ただのおふざけではありません。確かな説得力があるのです。

 

 

従来のお守りはリアル世界でしか効果がなかった

・従来のお守りはリアル世界にしか通じず、PCやスマホ、サーバーのデータは守られていなかったようです。

 

・さらに日本の神社で売られているにも関わらず、中国などで生産されているものもあり、作成元が定かではないと。これでは確かに効果の範囲や、質が良いものかどうかは判断がつきません。

 

・また、お守りの売り上げが何に利用されているかわからない。住職がキャバクラで散財している可能性もあるとのことです。御利益を願って投げたお賽銭が、お姉ちゃんのバッグになっていたら悲しいことですよね。

 

 

UNKOINがこれらの問題を解決

・UNKOINはお守りとしてPCやスマホ内のウォレットに保存され、デジタル世界に御利益をもたらすようです・

 

・UNKOINの発行元アドレスは1つであり、UNKOINとしての質が確約されています。

 

・Ethereumブロックチェーンにより、売上金の追跡が可能です。

 

 

UNKOIN保持者の方々から御利益の声が!

・自国通貨をショートしたら、自国通貨が滅びました。

ライトセイバーの調子がいいです。

 

・・・なんぞwww

 

 

UNKOINの売上の用途

UNKOINはEthereumで購入することが出来ます。

売上金の10%は運営費に、90%は日本国内の自動養護施設に寄付されるようです。UNKOINは精神的、経済的に余裕のある大人たちにより運営されており、安心ですね!

 

目標調達額は、931ETH(約3,500万円)でクリスマス or お正月を目指して児童養護施設への寄付に充てるとのことです。

 

取引所への上場はしないでしょうが、931ETH集まるのか注目のICOではあります。

 

では!

日本発ICOのALISがCryptoriaに上場

お疲れ様です。ゆとひとです。

日本初ICOの「ALIS」がCryptopiaに上場!

仕事中にトイレ休憩していたら、日本初のICO「ALIS」がCryptopiaに上場した!という情報をみつけてしまったので、昼間に急いでツイートアドレスだけ投稿しました。笑

昼間にみてしまった方は何のことだかわからなかったと思います。すみません。

「ALIS」とは、日本初のICOで広告に埋もれたメディアを改善すべく生まれた仮想通貨&ソリューションです。

alismedia.jp

要は仮想通貨ALISを使って、良い記事をみつけて、いいね!してね。ということです。

そのALISが海外取引所のCRYPTOPIAで売買が出来るようになりました。

 ALISを手に入れるには?

ALISはBTCを使って購入するため、まずはBTCを手に入れましょう。

私は日本の取引所CoincheckでBTCを購入しました。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

初めはメールアドレスとパスワードと4桁数字のPIN設定のみで利用することが出来ます。個人情報は入力しなくても大丈夫です。

BTCをCryptopiaへ送ります。

DepositからBTCを選んで入金用アドレスを表示します。

f:id:shidoma:20171007155307p:plain

入金用アドレスへBTCを送りましょう。

f:id:shidoma:20171007155406p:plain

入金されるまで数時間掛かるかもしれませんがそれはBTCの仕様です。入金が完了したら、Exchange(取引)のページから、ALIS/BTCを探して価格を見てみましょう。

Amountに欲しい枚数。

Priceに買いたい値段。を指定すると、

Totalに購入に必要な金額BTCが表示されます。

f:id:shidoma:20171011233643j:plain

いまのところICO価格割れしていますので、ICOに乗り遅れた方も間に合います。むしろ、お得。

このままほかの大手取引所にも上場して、価格が上がることに期待できますね!

では!

Tierion(TNT)仮想通貨ティリオンに興味が出て来た(9/27追記)

お疲れ様です。ゆとひとです。

 

Twitter見てるとTNT持ってる人たちが楽しそう

 

 

9月初旬あたりからTwitterで見かけることが多くなり、何やらお祭りのような楽しい様子。戦国武将たちがやたら、築城!築城!と騒いでおります。

 

Tierionってどんなシステムなの?

f:id:shidoma:20170924004545p:plain

データをブロックチェーンとリンクさせて「整合性」と「タイムスタンプ」を証明する、らしいです。

 

リンクしたデータは何日の何時に作成された、Ver○○だよ、ということですね。

私は、リポジトリブロックチェーン版と考えたのですが、もっと汎用的な使い方が出来るようです。

 

例えば、

・領収書データ

・契約書データ

・誓約書データ

等々をTierionのブロックチェーン上にリンクする。これによって、改ざんが防げるということですね。Tierionのブロックチェーン=「チェーンポイント」と呼ぶようです。

 

ふと思いつきました。

親戚にお年玉を貰って、お母さんに預けたら、必ずTierionにリンクしておきましょう。絶対。

 

対応OSは、MACLinux ubuntuです。

 

総発行量は、10億TNT

通貨の用途内訳は以下の通りです。

 35%=トークンセールでの販売分

 35%=ノードのリワード分

 29%=Tierionの保有

 1%  =トラブル対応用

 

 

 

ICOで注目され、約2500万ドル(25億円)集めた

大手企業では、マイクロソフトとフィリップス社が提携しているようです。

また、Ethereumを開発したヴィタリックも投資しているようです。

 

 

 

 

 大手取引所はYobitへの上場が初

f:id:shidoma:20170924004440p:plain

 

それまでは以下でしか買えず、流動性はまだ高くない。

・Liqui(マイナー取引所)

・HitBTC(マイナー取引所)

・EtherDelta(分散型交換所)

 

 

ノードを建てることができるらしい

f:id:shidoma:20170924004236p:plain

 

ノードを建てて条件をクリアするとリワード(報酬)が貰えるようです。

<条件>

・リワードは約6500TNT(200日毎に20%ずつ減少)

・初期費用2500TNTが必要

・ウォレットに10800クレジット(=54TNT)入れること

・リワードの配布は8年間

 

 

ノードをたくさん建てれば、それだけリワードが当選する可能性は上がります。現状の全体のノード数から当選確率を算出してくれている方もいます。

 

しかし、参加者が増えれば当選確率は下がりますので我先にと、築城(ノード建て)ラッシュが起こっているようです。

 

 

今後の値動きについて

f:id:shidoma:20170924012148p:plain

ICO時 1TNT ≒ 0.2ドル(20円)

9/23    1TNT ≒ 0.096(10円)となっています。

 

ICOの価格割れ半額程度です。まだICOから1ヶ月ほどしか経過していませんから大手取引所への上場は数ヶ月〜1年ほどの待ちとなるでしょうか。

 

ノード建ても加熱してきていますので、現在の約10円は買い時かな?と個人的には思っています。

 

 

短期的には、poloniexやbittrexなどの大手取引所への上場での高騰に期待です。

また、ノード建てのクレジットに利用されたTNTはバーン(焼失)していくため、流通量が減り、希少性が高まっていくとのことです。=長期的にジリジリと価格は上がる。

 

あとは製品の実用化についてですが、日本語の情報は見つけられませんでした。(9/23)telegramやslackにはコミュニティがあったりするとは思いますが・・・。

 

という感じでギークな方々に人気のある仮想通貨です。

個人的には、ノード建て面白そう。bittrexに上場で10倍くらいならありえそうなので、楽しみですね!

 

 

リワードが大幅減に!(9/27追記)

TNTへの参入を考えていろいろ調べている最中でしたが、なんとノードの構築が想定以上の量、スピードだったため、公式からリワード減、初期TNTを引き上げする予定の告知が!

 

さらにメモリ要件なども厳しくなり、実質リワードでの黒字化は難しくなりました。

 

 

TNTノード築城のパイオニア的存在であった織田弾正忠信長クリプトさんはクレーマーの攻撃を受けて、ブログを削除。悲しいです。 

 

SNSの発展のおかげで色々な情報を得ることが出来る様になったのは嬉しいが、自分の行動の責任を自分で取れない稚拙な輩も発言力を持って世の中に出て来てしまっている。

 

技術は性善説で動いてる。でも、実態は違う。悲しいです。

 

では!