検索:
今から始める国内取引所はもう「bitbank.cc(ビットバンク)」一択の理由!

こんにちは!ゆとひとです!

コインチェック事件・・・相場にとてつもない傷跡を残してしまいましたね。

マネックスの子会社化によってなんとか事業は継続するようですが、顧客の信用は一切なくなってしまいました。相場も冷え切って、一般層にも仮想通貨は危ないという疑いの目が広がってしまい、新しい顧客を作るのは容易ではないでしょう。

www.nikkei.com

それでも仮想通貨からはまだまだ目が話せません。多くの人の目にとまったことで相場の行き過ぎた熱は収まり、正常な市場としてこれからは成熟していくでしょう。

そんななか、コインチェックから離脱したい、安心出来る取引所を使いたい、とすればどこを使うのが良いでしょうか・・・。

案①bitflyer(ビットフライヤー)

lightning.bitflyer.jp

おそらくほとんどの方は最大手であり、資金力の強いビットフライヤーへ移動するでしょう。私の同僚もそうです。しかし、ビットフライヤーには大注目のあのアルトコインの取り扱いがないのです。

そう、Ripple(XRP)がない!

ビットコイン、イーサリアム、モナコイン・・・を取引したいのであれば、ビットフライヤーでもOKです。また、レバレッジ取引も最も盛んです。その分、修羅場とも言えますが・・・。

案②GMOコイン

新興の取引所ですが、こちらは仮想通貨トップ3は全て扱っています。ビットコイン、イーサリアム、リップル。しかし、ここにも落とし穴が・・・。

GMOコインは「販売所」です!

「取引所」ではありません!

どういうことかと言うと、ユーザー同士が取引所に板(注文)を出し、お互いに納得する価格なら約定するのが「取引所」。

ユーザーと対面するのは、提供企業(GMOコイン)であって、企業が何処かから仕入れたコインをユーザーへ販売するのが「販売所」。

販売所は相場通りに仕入れ、マージンを乗せた価格でユーザーへ売るのです。

つまり、ユーザーから見ると割高!

コインチェックもビットコイン以外のアルトコインは販売所形式で、本当の相場より5%ほど高い価格設定となっていました。買いで入った時点で「ー5%」の負けからスタートすると考えるとトレードでは相当不利ですよね・・・。

オススメはbitbank.ccしかない! 

 案①と案②の課題を解消できる国内取引所はbitbank.ccしかありません。

リップルの取り扱いもあり、取引所形式ですからマージンも取られない。

その他にもメリットがたくさんあります。

・早期にマルチシグウォレットを導入していた。

コインチェックやザイフといった代表的な取引所のどこよりも早く、マルチシグウォレットを導入しており、セキュリティ面で最も安心出来ました。

・本当のコールドウォレット

コールドウォレットとはインターネットに接続されていない状態のスタンドアロンなウォレットのことです。インターネットに接続されていないため、ハッキングの被害を受けません。

コインチェックではコールドウォレットに顧客資産を保管しているため、ハッキングの被害には合わないと公表していましたが、その実、コールドウォレットに保管していたのは、ごく一部で、結果として大量のNEMを流出させてしまいました。

bitbank.ccについてもっと知りたい方は過去記事も参考にしてみてください!

www.yutohito-startup.com

では!

XRP(リップル)Monacoin(モナコイン)を買うならBitbank.cc(ビットバンク)一択の5つの理由

こんにちは!ゆとひとです。

 

私が2017年7月末に仮想通貨を始めてからあっというまに3ヶ月が立ってしまいました。感覚としては、まだ3ヶ月!?って感じですけど。日々色んな事が起こって楽しいです!

 

それはおいといて

私もついにbitbank.cc(ビットバンク)に登録しました!

f:id:shidoma:20171108200613p:plain

いままでの主戦場は国内取引所ではコインチェックとザイフ、海外取引所ではクリプトピアでしたが、ビットバンクに移ろうと思います。bitbank.ccは現物取引オンリーです。

 

私がビットバンクを選んだ理由

これから仮想通貨を始める方向け、また、まだビットバンクに登録してない方向けに、私がビットバンクに移る理由をご説明したいと思います。

 

1.「取引所」であること

一言で言うとスプレッドがなく、自分の売買したい価格で約定できます。結果的には、安く買えて、高く売れることが多くなります。

 

前提として、仮想通貨の売買を扱っているサイトには、「販売所」と「取引所」があります。

ビットバンクは「取引所」ですので、自分の売買したい価格で指値を出し、その価格で取引に応じてくれる人がいた場合、約定します。

一方、「販売所」では販売所が売買価格を決めます。販売所は他の取引所から仮想通貨を仕入れ、ユーザーへ転売します。この時、相場ジャストの価格で取引所から仕入れようとすると、価格変動によって約定しない可能性があるため、相場より少し高めの価格で仕入れます。このマージンがスプレッドです。

 

コインチェックは販売所、ザイフは取引所です。

 

 

2.アルトコインが豊富であること

ビットバンクは国内取引所ではコインチェックについで、アルトコインの取り扱いが豊富です。

 

<bitbandの取り扱い銘柄>

・BTC/JPY

XRP/JPY(アツい!)

・LTC/BTC

・ETH/BTC

MONA/JPY(アツい!)

・BCH/JPY

・BCH/BTC

 

私が気に入っているのは、特にモナコインを扱っているところです。他にはザイフとビットフライヤーで取り扱いがあるのですが、ザイフはサーバーが重くすぐ落ちるのがネックで重要な局面で注文出来ません。また、ビットフライヤーは販売所のためスプレッドがとんでもなく高いです。

 

 

3.スマホのUIがみやすいこと

UIの馴染みやすさでは、コインチェックが最も簡単と、言われていますがビットバンクも同じくらい見やすいです。

背景が黒いのでクールなイメージなのもいいですね。スマホアプリがないのがデメリットと書いてあるブログもあるのですが、アプリじゃなくても十分使いやすいです。アプリだとスマホの内部ストレージ容量をくったり、立ち上げに時間がかかったりで面倒な部分もあるため、全くデメリットではないと思います。

 

 

 

4.トレーディングビューを使えること

私はテクニカルトレード主体ではないですが、相場の切り替えのタイミングを図ったりするには、やはりテクニカル機能がある方が便利です。

コインチェックスマホアプリにはこれらの機能なありませんでした。

ザイフは同じくトレーディングビューがあったのですが、重くてスマホではととも操作出来るものではありませんでした。

 

 

5.コールドウォレットであること

ビットバンクでは顧客からの預り金はインターネット環境から隔離されたコールドウォレットで管理しているため、ハッキングによって全ての仮想通貨が盗まれるような事態はまず起こりません。

 

6.APIシステムトレードが可能

APIを利用したシステムトレードは株式やFXでも効果的な取引手法です。ルールに従って売買してくれるため、ついつい感情的になってしまう方にもオススメです。

1ヶ月で56倍に資産を増やすようなとんでもないシステムもこの世にはあります。

www.yutohito-startup.com

 

 

 

では!